オススメのスマホ副業サービスはこちら

転職エージェントってなに!?面談のやり方から使うメリットを現役エージェントが解説

転職考えているんですけど、色々とあまりしっくりこないんですよね

そうですか。転職エージェントはご存知でしょうか?

聞いた事あるけど、あまり詳しくは分からなくて、、

転職エージェントとは、簡単に言うと人材紹介サービスの別の呼び方(企業)です。企業と求職者の間に入り転職を支援する役割を果たす人(会社)の事です。

なるほど。具体的にはどんな事をしてくれるのですか?

具体的には、利用登録をすると、転職活動開始から終了はもちろんの事、そしてその後の入社後のサポートまで全てを無料で行ってくれます。もっと言うと、転職支援のアドバイザーがつき、自己分析や転職軸の整理、履歴書・職務経歴書などの添削、面接対策日程調整、条件や入社日の調整などを二人三脚で行ってくれます。

へ〜、それはすごいですね。親身になって手取り足取り力になってくれるのですね。

最初に言っておきますが、私は転職を勧めている訳ではありません(笑)この記事を見て他にも転職を考えている方にとっての一つのきっかけにして頂けたら幸いです。

※転職エージェントが無料な理由は、企業から転職が決まった方の年収の何%かを、成功報酬のフィーとしてもらっているからです。

転職エージェント 登録までの流れ

エージェントの登録までの流れと、その後の流れをざっくりとご説明します。

1.エージェント登録

基本的にインターネット上からの応募になります。別途下記3点は必ず必要になります。

  1. 個人情報
  2. 職務経歴
  3. 希望条件

個人情報に関しては、履歴書や職務経歴書が基本的に必要になります。情報の濃さによってアドバイザーも求人を選びやすくなります。ただ、書き方が初めてだとどうしても難しいのでアドバイザーに添削などしてもらいながら、作成しましょう。

2.面談調整

申込が無事に完了すると、登録完了メールが届きます。その後エージェントから連絡があります。1週間以内には、電話での連絡がくるはずです。そこでご自身とエージェント側の日程を調整します。ご自身の都合に合わせて電話での面談にする事も可能です。

3.面談でのカウンセリング

初めてのアドバイザーの方との顔合わせになります。

ここで具体的な転職活動のスケジュールであったり方向性についてを話し合います。

4.求人の提案と応募→応募・面接・内定

面談が終わって転職軸の整理が終わると、ここでご自身に合った求人を紹介していく事になります。受ける企業数は自らの判断です。アドバイザーの方はその後面接日程の調整や、面接の対策など内定までサポートをしてくれます。

さてここからは、本題であるエージェントを使うメリットと注意しなければならない点について紹介させて頂きます。

転職エージェント4つのメリットと注意点

1.非公開求人に出会うことができる

転職を考える時にまずインターネットで「年収〇〇万 営業」や「経理 年間休日多い」なんて検索した事はないでしょうか。基本的にこうして検索して出てくる求人は「求人広告」といって全国的に応募を全公開している企業が出てきます。

しかし、中には「戦略的な都合で競合に採用活動をしている事を隠したい」だったり「人が急に辞めてしまって緊急で人が必要だからエージェントを使いたい(求人広告は取材や原稿作成などで時間がかかるケースが多い)」などなど様々な理由で自社の求人を公開していない企業が多い事は確かです。

全く考えていなかった新しい企業との出会いがある事は間違いないでしょう。

2.自分の将来を考え直すきっかけができる

あなたはなぜ転職しようと思いましたか?転職をする事によって何を実現しようと思っていますか?改めて考えてみると、出てこない求職者の方も多いです。

自分のことを自分で一番分かっているつもりでも転職エージェントからの第三者目線によって新しい発見があったりします。なぜなら転職エージェントは今まで多くの求職者を見てきた方ばかりです。転職のプロとして本当にあなたの自己実現を考えてくれるはずです。

余談ですが、私は下記のような方には転職はおすすめしません。

「残業時間が多いから」「休みが少ない」「上司との関係が良くない」などいわゆる不満を解消するためだけの転職です。こういった方は次の職場でまた同じ事が起こった際に同じ理由で転職を繰り返す事になります。

3.年収が上がる?

企業に対して、本音の希望年収ってなかなか言いづらい事もありますよね。良く聞くのが「現年収と同じくらいもらえれば充分です」と言う世間の暗黙のルールを守らなければ不合格となってしまうという謎の噂。

転職エージェントが間に入る事によって、年収の交渉をする事が出来ます。企業も人が欲しいですから、本当に欲しい方が面接に来た際には転職エージェントに対して「この人はいくら出せば採れる人か」という事を聞いてくる事もあります。いやらしい話ですが、全然現実にある事です。

他にも言いづらい事はエージェントが企業と交渉をしてくれます。使えるところは使って満足のいく転職活動をしましょう。

4.面接前に会社の情報や面接のポイントを教えてもらえる

転職活動の際に今は一人あたり平均5社ほどは応募しているような状況です。多い人は20社以上応募しているケースも見られます。そんな時に1社1社会社の事を調べる時間が現実的に取れない事や、そこまで興味を持っていないけど一回話だけは聞いてみたいなんて事もあります。

そんな時に会社の情報や面接でのポイントなどを転職エージェントが握っている事があります。特に面接で企業に聞きづらいような質問はエージェントから聞きましょう。例えば休日日数やリアルな残業時間など気になるけれど直接聞くと評価が下がってしまうかもしれないなんて思いますよね。

もちろん付け焼き刃で取り繕った自分で内定をもらってもしょうがないですからある程度参考までにです。準備する時間がとれなまま面接に行った企業を意外と気にいるかもしれませんよね。そんな時に面接前にこれだけはと言う情報を聞いて置くと良いでしょう。

転職エージェントを使う際の注意点

本稿を読んで頂いた方にとって転職エージェントはすごく良いものだと感じるかと思いますが、気をつけて頂きたい事もあります。

それは転職エージェントごとに得意な業界や職種、企業などがあります。

自分の意思に反するような求人を紹介されてしまう事もあります。転職エージェントも人間なので間違いもあります。口コミや実績などしっかりと見てから判断して見せください。

まとめ

  • 転職エージェントを使用すると広告媒体に掲載されていない非公開求人に出会える
  • 「給与」「休日」「人間関係」が理由の転職はしないほうが良い
  • 企業に直接言うことが難しい事はエージェントが交渉してくれる
  • 転職をすることで年収が上がる事もある
  • 会社情報や面接情報はエージェントに聞く
  • 転職エージェントにも得意な業界や職種、企業がある

転職エージェントを使用する事によるメリットと気をつけなくてはならない事をご紹介させて頂きました。

私は実際にエージェントをやっていて現実的な部分も多く見てきました。見て頂いた方の気づきになれば幸いです。