確定申告のアレコレ図解特集!

損益計算書(PL)の見方を図解してみた:初心者・新社会人がおさえておくべき5つのポイント

損益計算書(PL)と聞くとみなさん何を連想しますでしょうか?

会社の規模感を表したグラフとや数字が書かれている資料

決算でよく見るけど、会社の売上とかがわかる資料

ざっくりとこういった認識を持たれている方が多いのではないでしょうか。

普段見ていない方するとどの項目がなんの数字を表していて、数字が高いか低いかで会社がどのような状態なのか把握するのが難しいと思います。

この記事では、そのような方にも優しい「損益計算書(PL)の見方」を図解してみました。

見方が理解できると色々な会社の経営状態が分かりますので、ビジネスマンたるもの必要最低限の見方は把握しておきましょう!

決算書の読み方の基本を理解されたい方は以下の記事もご覧ください。
決算書の見方(PL・BS・CF):図解で分かるビジネスマンの教養

損益計算書(PL)とは?

損益計算書(PL)は会社の業績が一目でわかる資料です。

そんな損益計算書を構成する要素は下記3つのみです。

  1. 収益
  2. 費用
  3. 利益

よく収益と利益を混同されがちですが、収益はいわば売上に該当するので、収益から費用を引いた残りの金額が利益になります。

損益計算書でおさえておくべき5つの利益

損益計算書は5つの利益を見るとすぐに会社の儲けが分かります。

上から順に売上高からいろんな費用をひいていき最終的に残る金額が利益となるわけですが、簡単に5つの利益についてまとめます。

  1. 売上総利益:サービスや商品によって、儲けた利益
  2. 営業利益:会社の実力で儲けた本当の利益
  3. 経常利益:営業活動以外の収益と費用を加味した、経営活動の指標
  4. 税引前当期純利益:税金を引く前の利益
  5. 当期純利益:最終的な利益

ポイントは、それぞれの利益の間に何の費用がひかれているかです。

人件費が高いのか、借入額がふくらんでいるのか、投資額が大きいのか。それぞれの利益から、会社が何にお金を払っているかわかるのが損益計算書です。

5つの利益のそれぞれの計算方法

それでは利益が大きい順番にそれぞれの利益の特徴を説明します。

売上総利益とは

売上総利益は、売上高から売上原価をひくことで計算できます。

例えば飲食店であれば、お店で儲けた売上から食材など仕入分の金額を差し引いた金額が『売上総利益』になります。

この数字からわかることは、会社の売上規模を増やすために、原価を減らすか、商品やサービスの価格を値上げをすべきかが分かります。

ただし、他社で似たような商品やサービスを安い価格で販売していれば話は別です。

競合が同じような商品を販売していたら、価格だけでなく付加価値を出さないと消費者には支持されません。

なので、売上高に対して売上総利益が高い会社は、付加価値の高い商品・サービスを提供しているということになります。

売上総利益を増やす方法

単純ではありますが、売上総利益を増やすには大きく分けて以下3つの方法が必要です。

  1. 商品やサービスを高く売る
  2. 安く商品を仕入れる(原価を安くおさえる)
  3. 商品やサービスを多く売る

社員数やビジネスモデル、使える投資額など企業によっておかれている状況は様々なので、増やすには経営者や事業責任者の手腕が問われます。

営業利益とは

売上総利益から販管費及び一般管理費をひくことで計算できます。

例えば飲食店であれば、お店の家賃代や社員やアルバイトへの給与などの金額を差し引いた金額が『営業利益』になります。

営業利益でわかることは、会社の商売がうまくいっているかどうかが分かります。

下図は、売上総利益と営業利益の相関関係になります。

売上総利益と営業利益の両方が大きいことが理想ですが、会社の成長フェーズや投資時期によって、営業利益が小さくなることもあります。

経常利益とは

営業利益に営業外収益を足し、さらに営業外費用を引くことによって計算できます。

ここで新しい単語が出てきましたね。

  • 営業外収益:会社のビジネス活動とは別の活動に要した収益(株式や預金等によって受け取る受取配当金や受取利息など)
  • 営業外費用会社のビジネス活動とは別の活動に要した費用(銀行から借り入れいた支払い利息など)

会社は、資金に余裕が出てくればそれを活用して、より大きな収益を意味だそうと投資をしたり、不足していたら銀行から借り入れを行い、資金繰りをします。

下図は、営業利益と経常利益の相関関係になります。

経常利益でわかることは、資金管理も含めて会社全体がうまく活動できているかが分かります。

税引前当期純利益とは

経常利益に特別収益を足し、さらに特別損益を引くことによって計算できます。

特別利益・特別損失に当てはまるかどうかを検討する上でキーワードとなるのが、『臨時』と『巨額』です。

  • 臨時:その企業にとって、毎年は発生しないような収益・費用
  • 巨額:その企業の業務の中で、普通は発生しえない規模の金額のこと

これらに当てはまる収益・費用であれば、特別利益・特別損失になります。

  • 特別収益:固定資産の減損損失、事業改革によるリストラ費用など
  • 特別損失:被災したことで受け取った保険金、有価証券を売却して得た利益など

当期純利益とは

税引前当期純利益から法人税などを引くことによって計算できます。

損益計算書でも一番下の項目に書かれていますが、当期純利益こそが最終的な利益となります。

それでは、5つの利益の仕組みについて図でまとめました。

株主や投資家は最終的に当期純利益の大きさを最重要視する傾向があるそうです。

最終的な利益になりますので、株主への配当も決定するため、決算が終わった直後に株価が暴落したり、急上昇するのはそう言った理由もあります。

まとめ

  • 損益計算書(PL):会社の業績が一目でわかる
  • 損益計算書を構成する要素は、『収益』『費用』『利益』の3つ
  • 損益計算書で見るべき利益は5つある
  • 売上総利益は、売上高から売上原価をひいた利益
  • 営業利益は、売上総利益から販管費及び一般管理費をひいた利益
  • 経常利益は、営業利益に営業外収益を足し、さらに営業外費用をひいた利益
  • 税引前当期純利益は、経常利益に特別収益を足し、さらに特別損益をひいた利益
  • 当期純利益は、税引前当期純利益から法人税などをひいた最終的な利益

損益計算書の見方について図解してみました。分解すると意外と単純な数字の構成でできていることが分かりますね。

特に営業・企画系、マーケティング職のみなさんは、損益計算書を見れるだけではなく、新規サービス・商品を作るときに簡単な損益計算書を作れると、企画内容やプレゼンにより根拠が持てますので、ぜひチャレンジしてみてください。

貸借対照表(BS)とキャッシュフロー計算書(CF)についても理解されたい方はこちらの記事をご覧ください。

貸借対照表(BS)の見方を図解:読み方が分かるようになる社会人のための教養 キャッシュフロー計算書(CF)の読み方と仕組み:図解で簡単理解