確定申告のアレコレ図解特集!

貸借対照表(BS)の見方を図解:読み方が分かるようになる社会人のための教養

〇〇さん、BSの見方を知ってるかい?

BS?テレビのことですか?実家で契約してたので知ってますよ!今は一人暮らしなので契約してないですが。

違うよ〜(笑)。そのBSじゃなくて決算書とかで見るBSの方!営業職なのに知らないの?困ったな〜。

知らないです!すみません、勉強します…。(そんなの覚えたって私仕事で使わないしなあ。)

日頃の業務でBS(貸借対照表)のことを話す機会は専門職を除いてそうそうありませんが、見方を知っておくことで、会社にどれだけの資産があって、借金があるかが分かるようになります。

広く言えば決算書が読めることで、同業他社の伸びている指標や伸びてない指標を読み解けます。事業戦略の立てるときやクライアントに企画提案するときに、+αの提案ができるようにもなります。

この記事では、会社の懐事情を知るためのビジネスマンの教養として貸借対照表の基礎や見るべきポイントを整理しました。初心者の方のも分かりやすく図解で説明しています。

決算書の読み方の基本を理解されたい方は以下の記事もご覧ください。
決算書の見方(PL・BS・CF):図解で分かるビジネスマンの教養

貸借対照表(BS)の基本

貸借対照表(BS)は別名バランスシート(Balance Sheet)と言い、『借方』と『貸方』という二つの指標で見る必要があります。

基本的には、左側の表が借方と呼ばれる『資産』、右側の表が貸方と呼ばれる『負債』と『純資産』を表します。

面白いことに、借方と貸方のそれぞれの合計値は必ずイコール関係になります。そのため、均衡に保たれているイメージになるため、バランスシートとも呼ばれています。

貸借対照表のそれぞれの項目の数字を見る必要はほとんどありません。大きな数字を読み取れれば十分です。

簡易的ではありますが、貸借対照表の内訳を整理すると下図のようになります。

  • 資産=『流動資産』+『固定資産』
  • 負債=『流動負債』+『固定負債』
  • 純資産=『株主資本』+『評価・換算差額等』+『新株予約権』

決算書の一つに『株主資本等計算書』というものがあります。これは、前期末の純資産の部の項目がどのように変化して、当期末の残高になったか示すものです。

貸借対照表(BS)でわかる会社の状態

どんな貸借対照表も必ず資産、負債、純資産の3つの要素で構成されています。では、どのような状態になったら会社の経営状態が良いのでしょうか?

簡単に図で表してみました。

結論、純資産の方が負債よりも多い状態は、健全な経営状態と言え、負債の方が多い状態は会社の財務状態が厳しい状態です。

  • 資産:現金か売れば現金に代わるもの。将来的にお金が入ってくるものも資産になる。
  • 負債:一言でいうと会社の借金。
  • 純資産:資産総額から負債総額を差し引いた額。具体的には、株主資本を指す。

余談ですが、一昔前は株式会社を設立する時は、資本金として1,000万円以上が必要でしたが、法改正により現在は1円からでも作ることができます。

貸借対照表の書き方のルール

入金もしくは出金の時期が早いものから先に書く

貸借対照表(BS)の左側の資産の並び順は、まず『流動資産』があり、そのあとに『固定資産』が記載されています。つまり、流動から固定という並びになります。

また、貸借対照表の右側の負債の並び順も同様で、まず『流動負債』があり、そのあとに『固定負債』が記載されています。

  • 1年基準(ワンイヤールール)
    • 1年以内に返済する必要がある:流動負債
    • 1年以内に現金化される予定の資産:流動資産

決算日の翌日から1年以内にお金の出入りがあるものを流動項目として、1年を超えてお金の出入りがあるものを固定項目とする方法があります。

繰延資産(くりのべしさん)について

流動資産と固定資産の下に、繰延資産という資産を計上することがあります。

  • 繰延資産(くりのべしさん):会社の創立費用や開業費など、その支出の利益に及ぼす効果が1年以上続くことになるものをさす。

繰延資産を計上していない会社もあります!

繰延資産の実態は費用ですが、毎年の正しい利益の計算を行うと目的に基づいて、繰延資産を資産に計上することも認められています。

負債のあとは純資産を書く

貸借対照表の右側にある負債の下には、純資産がきます。純資産の中にも並び順があります。

『株主資本』『評価・換算差額等』『新株予約権』の3つがあり、総称して『総資本』とも呼ばれています。

株主資本についてですが、株主が会社に出したお金と、会社が過去に儲けを出した利益のうち、会社に残っている分のことです。

株主が会社に出したお金のことを『資本金』や『資本余剰資金』と呼び、会社が稼ぎ出した利益のうち会社に残っている分のことを『利益余剰金』と言います。

まとめ

  • 貸借対照表(BS)は別名バランスシート(Balance Sheet)と言い、『借方』と『貸方』という二つの指標で見る必要がある
  • 基本的には、左側の表が借方と呼ばれる『資産』、右側の表zが貸方と呼ばれる『負債』と『純資産』を表される
  • 資産=『流動資産』+『固定資産』
  • 負債=『流動負債』+『固定負債』
  • 純資産=『株主資本』+『評価・換算差額等』+『新株予約権』
  • 貸借貸借表には書き方のルールがあり、1年基準(ワンイヤールール)がある
    • 1年以内に返済する必要がある:流動負債
    • 1年以内に現金化される予定の資産:流動資産
  • 株主資本は、株主が会社に出したお金と、会社が過去に儲けを出した利益のうち、会社に残っている分のこと 

損益計算書(PL)に続いて、貸借対照表(BS)の基礎の基礎を説明しました。資産と純資産を混同しがちですが、図で見ることでその違いが明確にわかったかと思います。

会社の経営状態を把握できることで、会社の先の売上が予測できるようになります。それは株式投資にも活かすことができ、本質的な投資をされたい方は、まずは決算書が読めるようになることをオススメします。

投資だけでなくご自身で事業を起こされたい方も、いずれはご自身で決算書を書けるようになる必要がありますので、最低限決算書は読めるようにしておきましょう。

損益計算書(PL)とキャッシュフロー計算書(CF)についても理解されたい方はこちらの記事をご覧ください。

損益計算書(PL)の見方を図解してみた:初心者・新社会人がおさえておくべき5つのポイント キャッシュフロー計算書(CF)の読み方と仕組み:図解で簡単理解