20代から少額投資を始めるべき理由

営業マンが参考にすべき名言集10選

こんばんは。小尾です。 今回は、日々戦う営業マンが後押しされるような言葉、ふと原点に立ち返ることができるような言葉をご紹介します。毎日お客様のために、会社に貢献するためにと奮闘している営業マンであればきっと刺さる言葉、求めていた言葉があるはずです。そんな言葉があったらぜひ見えるところに張ったり、手帳に書いたりとモチベーション維持に活用してみてください。

また、この記事の最後に営業マンに特化した副業サービスをご紹介していますので、本業だけでなく他社の事業に関わってみたいと考えている方はぜひご覧ください。
「本業を続けながら他社の営業の仕事ができるサービス「Saleshub」のご紹介!」

営業マンに欠かせないモチベーションと考え方

営業マンは数多くのお客様にアプローチをし、成約まで行くのはごく一部。

成約に至らないどころか何度電話や飛込訪問をしてもキーマンとコンタクトすらできないということもザラである。また、成約してからも、顧客との関係維持や新たな新規開拓など、努力し続けることが求めらます。ですので営業マンは物事をどのように捉えるか、またモチベーションをどう維持するかも重要な能力と言えます。この二つによって営業マンの結果が大きく変わるといっても過言ではありません。
今回は、歴史的な有名人から現代の起業家まで、さまざまなジャンルのリーダーによる、物事の捉え方やモチベーション維持に役立つ名言をご紹介します。

営業マンに向けた名言10選

  • “売るのをやめよう。助けることを始めよう。”

ジグ・ジグラー(自己啓発作家・講演家)

営業マンは契約や売上のノルマが課せられることが多い分、人からいくら取れるかを考えがちです。そうではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることが大切であり、最終的にはそういった営業マンがお客様から愛されるのです。

 

  • “ほとんどの人が売ることは話すことと同じだと思っている。しかし最も有能な営業マンたちは、聞くことが自分たちの仕事の中で最も大切な部分だとわかっている”

ロイ・バーテル(オンラインビジネスとセールスに関するソートリーダー)

営業マンはお客様を説得しようと、ついつい話しすぎてしまうものです。しかし、営業で大切なのは、お客様の真のニーズを把握し、それを解決すること。だからこそ、自分が話すことより、お客様の言葉に耳を傾けることが重要です。

 

  • “以前は人が生きるために商品を必要としていた。今は商品が生き残るために人を必要としている。”

ニコラス・ジョンソン(大学教授・元米連邦通信委員会委員長)

物やサービスがあふれる現代は、買い手が自分の欲しいものを多くの選択肢から吟味して選ぶ時代であり、売り手側の競争力が非常に高まっています。
ですから買い手のニーズが顕在化する前から、見込客に早い段階でアプローチをすることが重要になってきています

 

  • “一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。 そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む”

松下幸之助(松下電器創業者)

満足した瞬間に人は考えることを辞めます。もっと顧客のためにできることはないか、課題解決のためにより良い手段はないか、そう考え行動し続ける人こそ替えの効かない営業マンになっていくのです。

 

  • “営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。”

庄野直之(興化成工業社長・会長)

相手の窓口の人が商品・サービスを良いと思わなければ、決裁者やキーマンに対して話すら届かない、もしくは共有されたとしても良いように共有はされない可能性が高いです。まずは窓口の人、目の前の人に対して、「この商品・サービスがあなたにとってこれだけメリットがありますよ」ということを伝えることが大切です。

 

  • “人を感激させる平凡なアイディアは、誰もインスパイアしない偉大なアイディアのもっと先を行く。”

メアリー・ケイ・アッシュ(化粧品会社創設者)

売れる商品は必ずしもすごい商品である必要はありません。いかに人の共感を得られるかが大切です。営業マンの提案力で共感していただきましょう。

 

  • “人生は自転車に乗るようなもの。バランスを取るには、動き続けなくてはいけない。”

アルバート・アインシュタイン

営業にも言えることです。成約しても、挫折しても自転車を降りてはいけません。
お客様との関係維持、次の新規顧客の獲得、と動き続ける必要があります。
自転車が止まったら転ぶように、営業においても行動を止めたら次第に崩れていきます。

 

  • “人はものを売りつけられるのは嫌いだが、自ら買うのは大好きだ。”

ジグ・ジグラー(自己啓発作家・講演家)

お客様は買うことが嫌いなのではなく、売りつけられていると感じることが嫌なだけです。
売りつけるのではなく、お客様に寄り添い、自ら納得して買いたいと思ってもらうことが大切です。

 

  • “最終的に購入をする見込客の80%は、当初は悪いリードとしてマークされていた。悪いリードを完全に除外しないこと。”

アトリ・チャタージー(Act-On ソフトウェア CMO)

営業において自らの固定観念は大きな敵です。営業活動を進めるうえで見込度をはかることは大切ですが、見込度が低いリードも継続的にフォローをし、育成をしていくことが大切です。

 

  • “お客様に「何が必要ですか」と聞いて、それを与えればいいと言うものではない。実際それが完成する頃にはお客様は更に新しいものを欲しがっているだろう”

スティーブ・ジョブズ(アップル社社長)

顧客のニーズは日々変わっていくからこそ、営業マンは考えることをやめてはならない。営業マンはお客様の好むものを売るのではなく、長い目で見て「お客様のためになるものを売る」事が大切である。

まとめ

参考になる名言集はいかがでしたでしょうか。

営業の能力や成果を今すぐに変えることは簡単ではないですが、捉え方やモチベーションは自分の心の持ち様によってすぐにでも変えられる部分であります。そしてそれは長い目で見た時に大きく結果が変わります。

お気に入りの名言があった方は、見えるところに貼ったりスマホに保存して、モチベーション維持に活用してみてください。

本業を続けながら他社の営業の仕事ができるサービス「Saleshub」のご紹介!

営業という仕事に誇りを持っている皆さんに「Saleshub(セールスハブ)」を紹介させてください。本業がある方でも他社の事業に関わってみたいと考えている方は必読です!

日頃、成長意欲のある営業マンほどこのように思う方は多いのではないでしょうか?

・副業をしたいけど本業のことで精一杯で、時間がなかなか取れない。
・自己成長のために他社の事業にも携わってみたいけど、時間もスキルもまだまだ足りない。
・副業マッチングサービスを見ても、エンジニア・デザイナー向けの案件が数多く、副業を断念した。

かく言う自分もその一人です…。

そんな悩みを解決してくる「Saleshub(セールスハブ)」は、企業が求めている商談先とのアポイントをセッティングするだけで、依頼先の企業から謝礼として協力金をもらうことができるサービスです。

リリースから数年で1,300社を超える企業や10,000人以上の登録者数がいることから、これから更に成長が期待されるサービスです。

こちら登録者の声の一部です。

・紹介自体もメールひとつで済み、煩わしいところがないのが気に入っています。
・個人が間に入って両者をつなぐことで、お互いに手をとりあえるのがいいですね。
・自分にとってはもちろん、知り合いや企業さんに貢献できるというところが非常に素晴らしい。

エンジニアやデザイナー職にはない営業職ならではの強みを活かして、副業・複業されたい方はぜひ登録してみてください。


登録の流れはこのようになります。

STEP.1
無料登録後、に支援したい企業を探す
いいなと思った事業のアポイント支援依頼をみて その企業が求める方に心当たりがあれば 「まずは話を聞きたい」ボタンを押してください。

STEP.2
アポイントをセッティング
話を聞いて紹介してもいいなと思ったら 企業と知り合いの両者と連絡を取り合い、 日程調整の上、アポイントをセッティングしてください。

STEP.2
ご協力金が贈られます
無事、アポイントが終わると企業からSaleshubを通じてご協力金が贈られます。協力金は以下の2つに分けられます。
1.アポイントのセッティングに対する協力金
・紹介先とのアポイントが無事完了した際に贈られるもの
・価格:10,000円〜
2.ビジネスの成約に対する協力金
・設定されている企業と、設定されていない企業があります。

企業の営業をサポートすることで、月数万~の報酬を受け取りながらビジネスマンとしても成長できます!